稀少性が高い古銭の種類とは何か?

江戸時代の古銭で稀少性のあるもの

奈良時代から平安時代に造られた皇朝十二銭なら、文句なしに稀少性があります。しかし、さすがにこれの所有者は稀です。
一般的には、特に古いものでも江戸時代のものとなります。江戸時代に発行された硬貨の外形でのタイプは、変化に富んでいます。楕円形の金貨である大判小判が目を引きますし、その多くが大変に稀少です。長方形の硬貨もあり、金貨もしくは銀貨ですが、額面として二分、一分、二朱、一朱の文字が刻まれています。これも、大判小判ほどではないにしても、比較的稀少です。不定形の銀貨である丁銀や豆板銀は、それなりに稀少性があります。
全体が円形で四角形の穴のある寛永通宝の文字が鋳込まれた穴あき銭は、大量に製造されているため珍しくありませんが、字形の変化などのバリエーションが非常に多く、その中には稀少価値のあるものが含まれています。全体が楕円形で四角形の穴のあるものは、その殆どが天保通宝で、一部の変種を除き、それほど稀少性はありません。これら以外にも特殊なものがあり、それらは一部を除き稀少性があります。ただし、中国からの渡来銭は別です。

明治以降の近代銭で稀少性のあるもの

明治以降の硬貨で稀少性を考えて良いのは、まずは、明治期の金貨銀貨です。それも、明治初期のものは稀少性が高い可能性があります。正確に稀少性を知りたい場合、貨幣カタログに記載されている発行枚数や評価額を参照するしかありません。発行年によって、発行数が極端に違うため、これらを確認することになります。
稀少性は、発行数だけで決まりません。保存状態も大事で、未使用の極美品であれば、途方もない高額になることがあります。金貨銀貨に限らず、銅貨であろうがアルミ貨であろうが、保存状態の良し悪しで、稀少性が極端な差となって現われます。硬貨は、流通の過程で傷ついたり摩耗したり錆びたりしますので、未使用状態の極美品となると、大変に稀少性があるのが普通です。ただし、現行硬貨で最近発行されたものは除きます。